【チアダン】主題歌を歌っているサンボマスターってどんなバンド?

【チアダン】主題歌を歌っているサンボマスターってどんなバンド?

今絶賛放送中のTBSドラマ!『チアダン』

【チア☆ダン TBS公式サイト】

このドラマの原作となるのは、2017年3月に公開された広瀬すず主演の映画『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』。2009年3月、福井県立福井商業高校チアリーダー部“JETS”が全米チアダンス選手権で優勝を成し遂げたニュースが日本を駆け巡った。この奇跡の様な実話を基に、ごく普通の女子高生たちと彼女たちを支えた一人の教師の絆が生み出した、たった3年で全米大会を制覇するまでの軌跡を描く青春感動サクセスストーリーだ。

ドラマで描かれるのは、映画から9年後。
「ありえない夢を追いかける」という映画の精神はそのままに、新たなオリジナルストーリーで“もう一つの奇跡の物語”をおくる。

また映画で主人公・友永ひかりを演じた広瀬すずが、役柄そのままに9年経った姿で「JETS」のコーチとしてドラマにも特別出演する。

視聴率は低迷しているらしいですが・・・w

そんなドラマがきっかけで僕の大好きなバンド『サンボマスター』が再び脚光を浴びています!

サンボマスターってどんなバンド?

ドラマがきっかけで知った方が多いでしょうが、サンボマスターは2000年にボーカル・ギター 山口 隆(やまぐち たかし)・ベース・コーラス 近藤 洋一(こんどう よういち )・木内 泰史(きうち やすふみ)の3人で結成された3ピースのロックバンド。

2005年に放映された映画『電車男』の主題歌にて「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」がヒットした事で大きく知名度を高めました。

「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」での伝説のライブ

YouTubeで検索しても出てくるんですが、この時のライブ動画はいつ見ても涙が出てきます。

山口氏本人も福島県出身。被災し絶望の中で戦い続ける故郷を想いながら、叫びにも近い歌声は僕の中ではもはや伝説です。

こんなにも熱く、こんなにも優しいバンドに出会えた事に感謝しています。

Advertisement

『できっこないをやらなくちゃ』で人気に火がついた

「できっこないをやらなくちゃ」は2010年に発売された曲で、僕の大好きな曲の一つでもあります。

イントロから叙情的なギターサウンドが奏でられ、世界感満載の逸曲です。

ちなみに、日産セレナのCMでも使われて有名にもなりましたが、一番のきっかけとなったのは、

「さんま・玉緒のあんたの夢をかなえたろか」という番組でしょう。

福井商業高校JETSとサンボマスターがコラボして、顧問の五十嵐先生にサプライズを仕掛けるという感動の一幕はかなり話題になりましたね!

その後、JETSは見事に全米制覇を成し遂げ、「できっこないをやらなくちゃ」を実現させました。

まとめ

サンボマスターの音楽は聞けば聞くほどのめり込んでしまう、そんな中毒性がある音楽だと思います。

ちなみに、ドラマで使われている主題歌は、『輝きだして走ってく』という曲です。

ドラマがきっかけでサンボマスターを知ったあなた!

他の曲も一度聞いてみてはいかがでしょう!

サンボマスター公式ウェブサイト

ではまたっ!

 

 

 

ギター関連カテゴリの最新記事